YNSA学会(山元式新頭針療法)

お知らせ


新書籍「医師、歯科医師、鍼灸師、医療従事者のための 山元式新頭鍼療法YNSAの実践」出版のお知らせ


YNSA学会会長山元敏勝先生監修 YNSA学会副会長、加藤直哉先生、YNSA学会事務局長冨田祥史先生共著による新書籍「医師、歯科医師、鍼灸師、医療従事者のための 山元式新頭鍼療法YNSAの実践」が三和書籍より2019年早々に発売されます!。
加藤直哉先生の前作「慢性疼痛、脳神経疾患からの回復 山元式新頭鍼療法入門」を大幅に加筆し、症例も増やし、症例に対する具体的な治療点など、山元式新頭鍼療法YNSAの歴史、重要な論文解説など、すべての医療従事者にとってわかりやすい説明が追加されています。
これからYNSAを学ぼうとする先生や復習したい先生に必携の内容になっています。


【はじめに より一部抜粋】

現在医師であり創始者である山元先生を会長とするYNSA学会は医師、歯科医師、獣医師、鍼灸師の会員が300名を超えるようになり、年に一度日本においてYNSA全国学術大会も開催されるようになりました。
今この瞬間もこれらYNSAを熱心に学んだYNSA学会の先生方によって、我が国において脳神経疾患や何処に行っても改善することのなかった患者さんが回復の瑞々しい喜びを実感されるようになりました。数多くの医師、歯科医師、獣医師、鍼灸師がYNSAを学ぶようになり、宮崎のYNSAセミナーやYNSA学会に参加されYNSAの臨床や実技を学んだ先生方から、医療従事者に向けてYNSAの歴史や過去の山元先生の論文や実際の症例を含めたさらに内容を深めたYNSAの解説書が欲しいという声がありました、今回の本はその声に応える形で出版される事となりました。
2011年、YNSAの初めての一般向け書籍として発売された「慢性疼痛・脳神経疾患からの回復 YNSA山元式新頭鍼療法入門」から7年経過し、上腕診断点、Iソマトトープなどその間に新たに発見された診断、治療点を今回追記しました。
また、今まであまり触れられることのなかった山元先生のYNSAの論文の解説や、ご要望の多かった難治性疾患の症例報告と実際に使った治療点などを追加してあります。さらに、痛みについての新しい医学的知見などを加え、前回からはるかに進化した内容となっています。
どうか、一人でも多くの治療家の皆さんに、読んでいただきたいと思っています。

↓下記から予約注文できます!初版が売り切れますと増刷まで一定のお時間がかかりますので、お早めにご予約ください







山元式新頭鍼療法YNSA(R)創始者 YNSA学会 会長 山元敏勝医師による
「あきらめなければ、痛みも、麻痺も、かならず治る!」
も引き続き発売中です!

●あらゆる痛みを消し、不調を取り除き、麻痺を治す驚異の治療法、「YNSA(ワイ・エヌ・エス・エー)」は、まさしく日本の誇り!
●ドイツ、アメリカはじめ、世界14か国以上がその高い治療効果を認め、医療に導入!?
●ブラジルでは、医療に「YNSA」を導入後、手術や薬の必要が減り、国家医療費が11%削減。
●「YNSA」創始者である医学博士・山元敏勝医師は、「YNSA」で日本ではのべ150万人以上の治療にあたり、世界ではハーバード大学はじめ世界各国から招待され、7大陸すべてで講義・指導。
●山元敏勝医師により、これまで多くの学術書は出版されているが、一般向けとして書かれた初めての本。
●「YNSA」とはどのような治療法なのか、なぜ、痛みや麻痺が消えるのか、14の実際の改善症例を含め、わかりやすい文章で語る。 [改善症例]●歩くこともできなくなった強い腰の痛みが、1回の治療で改善した!?
●脳梗塞による「半身麻痺」が、1か月後には歩けて、3か月後には走れた! ●4年間も苦しんでいた原因不明の「頭痛がスーッと消えた! ●頚椎狭窄の強い痛みで上がらなくなった手が、2日で上がるようになった!?
●5年間悩んでいた「うつ病」のつらい症状が改善した!?
●3年間悩み続けた強い「耳鳴り」が、1回の治療でピタッと止まった!?
●「リウマチ」で固まってしまった手のひらが、パッと開いた!?
●乳房切除で自由に動かなくなった腕が、2週間で完全に動くようになった!
●パーキンソン病の「体の震え」がピタッと止まり、治療を続けることで、進行が完全に止まった!
●脳梗塞で、6年間まったく動かなかった両手両足の麻痺が、自分で食事ができるまでに改善した!
出版社からのコメント
「YNSA」という治療法によって世界中の多く方々が、つらい症状から救われています。編集担当者として、病院や学会の場で多くの治療の場に立会わせていただき、そこで様々な症状に悩む患者さん方が奇跡のように改善してゆく姿を目の当たりにして、強い衝撃を受けました。その驚異的な効果の高さ、その即効性に強く思ったことは、「日本はいったい何をやっているのだろう、痛みやつらい症状、麻痺で苦しんでおられる方が、このYNSAのことを知っていれば、もっともっと救われるのに」。海外ではもう当たり前のように医療に導入されていながら、日本ではまだ、あまり知られていないこの「YNSA」という治療法、そして、考案者であられる山元敏勝先生のことをぜひ、この本で知っていただきたいと思います。山元先生は87歳になられた今でも、「一人でも多くの患者さんを治したい」と現在も毎日治療を続け、また、国内、海外から招かれ、YNSAのご指導のために精力的に飛び回っておられます。「つらい症状を改善するのは、体がもともと持っている力。YNSAの役割は、それを引き出すにすぎない。体には計り知れない力がある。あきらめなければ、痛みも、そして麻痺までも必ず治る! 」と強い信念をお持ちです。つらい症状を抱えられている方々、そして、ご家族の強い支えとなる1冊として、ぜひお役立てください。】


山元敏勝先生の半世紀に渡るYNSA臨床のエッセンスが詰まった御本です。
↓この機会に是非お買い求めください!



YNSA学会副会長加藤直哉医師による新刊「人は死んだらどうなるのか?〜死を学べば生き方が変わる」が10月29日三和書籍より発売されます。
第7回YNSA全国大会でも最も大きな反響のあった内容になっています!
すべての医療関係者、苦しんでいる患者様、患者様のご家族の方に読んでいただきたい必見の内容です!



2020年1月26日 2月16日に第7回YNSA全国大会で大反響だった加藤直哉医師の死生学の出版記念講演が行われます。
死後の世界の科学的研究にご興味のある方はぜひご参加下さい!。



新着情報一覧

イベント一覧