閉じる

宮崎YNSA学会全国大会 スペシャルゲストに日本中医学会理事長 酒谷薫教授にご登壇頂きます

第5回YNSA学会宮崎セミナー スペシャルゲストのお知らせ
いよいよ、10月15日宮崎にて山元式新頭鍼療法YNSA学会、全国大会が行われます。
今回の宮崎YNSA全国大会ではスペシャルゲストとして、なんと日本中医学会理事長 酒谷薫 先生にご登壇いただけることになりました。

酒谷先生は「なぜ中国医学は難病に効くのか」「東洋医学が教える脳の養生法」「脳は鍛えるな」などの書籍を始めとして、脳機能イメージングの世界的な権威であるだけでなく、第一線で活躍する脳神経外科医であり脳科学の研究者でありながら、東洋医学に対する造詣が深く、「西洋医学」と「東洋医学」の両方の視点から「脳」の働きについて研究されています。
また2014年にはISOTT(International Society on Oxygen Transport to Tissue)においても「NIRS(近赤外分光装置)によって測定された不安と前頭葉の活動に対する鍼治療の効果:パイロットスタディ」の発表をされ、その研究内容はpubmedにも収録されています。

「NIRS(近赤外分光装置)によって測定された不安と前頭葉の活動に対する鍼治療の効果:パイロットスタディ」
Effects of Acupuncture on Anxiety Levels and Prefrontal Cortex Activity Measured by Near-Infrared Spectroscopy: A Pilot Study
K. Sakatani、, M. Fujii、 N. Takemura、 T. Hirayama
Oxygen Transport to Tissue XXXVII
Volume 876 of the series Advances in Experimental Medicine and Biology pp 297-302


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26782225

NIRS(近赤外分光装置)による脳機能イメージングの世界的な権威でもあり、東洋医学にも造形の深い日本中医学会理事長 酒谷教授の講演を拝聴する滅多にない機会です。
ぜひ宮崎YNSA全国大会でお会いしましょう!

YNSA学会 東京事務局長 

酒谷薫 先生 1955年、兵庫県生まれ。医学博士、工学博士、教授。大阪医科大学卒業後、ニューヨーク大学医学部脳神経外科助教授、エール大学医学部神経内科客員助教授、北京中日友好病院脳神経外科JICA専門家を経て、2003年より日本大学医学部脳神経外科学講座教授。日本光脳イメージング研究会事務局代表、日本中医学会理事長。専門は脳血管障害、脳機能イメージング、医用生体工学。日本で初めて、ストレスによるさまざまな病気予防を目的とした「脳の健康外来」を設立、患者の治療にあたっている(amazonより)

http://sakatani-lab.org/sakatani.html
Update : 2017-10-01 18:40:01